Reservation

Online

Instagram
LINE
InstagramLINE

Training

Training Cntentsトレーニング内容

パピートレーニングの必要性

Training
今は赤ちゃんなので病気知らず。けれど今が病院知らずだからと言って本人(わんちゃんの)わがままをきいてはNG!

病気になったりして通院やケアが必要になってくるのは年をとってからです。
病院に来るときには本人も具合が悪く、つらいですが原因が全く特定できずの治療は大変危険です。
治療をするためには検査が必須です。
採血や検査をするうえで多少なりともわんちゃんの協力も必要です。

そこで人と協力することや、我慢することを知らない子は
病気の時でも抵抗することに余計な体力などを消耗し状態悪化につながります。

当院のコンセプトの予防医療とはしつけも含まれます。

赤ちゃんのうちにたくさんいろんなことになれる、触られる、病院の雰囲気に慣れる、
すこしの我慢をおぼえることで緊張がほぐれ、将来的にワンちゃんを恐怖心なく
安全に検査、治療することにつながっています。

病院だけでなく散歩やその他の場面でも、わんちゃんとの信頼関係を作ること、わんちゃんに我慢を教えることは
わんちゃんを外的な危険から守る行為であることもご理解いただければ幸いです。

このように病院でのトレーニングも大事にしていること少しでも伝わればと思います。

パピートレーニングって実際なにをするの?

Training
まずは病院をたくさん見て、遊んで、楽しい場所だと認識してもらいます。

その後は少しずつブラシや歯ブラシ、爪切り、バリカンなどケアで必要になるグッズを見せたり触らせたり、社会性の一歩として他のわんちゃんを見させたりと少しずつワンちゃんのペースで”こわい!”を作らないように社会化していきます。

グッズに慣れてからは、実際にグッズをつかったり、わんちゃんと対面したり余裕があれば必要コマンド(おしっこ、おすわり、まて)なども教えていきます。
その子の性格やトレーニングの頻度に合わせて、進展スピードを調整するので、進展が遅いからといって急に厳しくするなどはございませんのでご安心ください。

効果が半減しないように病院だけでなくおうちでも継続して行っていただきたいこともございます。
我々スタッフとご家族様ワンチームで取り組めるように最大限サポートいたします。
共に頑張りましょう。

うまくいかないことへの個別相談も今後検討できたらと思っています。

飼主様にご準備していただくもの


・泊数に必要なワンちゃん猫ちゃんのごはんを、1食単位に小袋に入れてお渡し下さい。
 ご用意が無い場合、当院でのフードとさせて頂きます。(有料)
 
・好きなおもちゃ・おやつ等があればお渡し下さい。
 
・カラー(首輪)又はリードをご用意下さい。
 
・普段使用のベッド、毛布等のご利用をご希望の場合はご用意下さい。
 
・お泊り料金他は、基本的にお預かり時に一括でのお支払いとなります。
 延長料金等追加料金が発生した場合、お引渡し時のお支払いとさせていた だきます。
 
・お預りの際、初めての方には当店規約へのご署名と書類の記入をお願いしている為、
 15分~20分程度のお時間を頂戴しております。
 
・ペットちゃんお預りの際には狂犬病予防注射(犬)、混合ワクチン(犬・猫)の接種証明等をご提示下さい。
 
・初回預りの場合、飼主様の運転免許証等で身元の確認をさせて頂きます。

Contactお問い合わせ

PILINAへのお問い合わせはこちらから。
お気軽にお問い合わせください。
TEL.03-6432-2073
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-12-8

火曜日定休日
土日祝日営業
9:30~12:30
15:30~18:30

※横スクロールで全体を表示します。

※水曜日のみ9:30~16:30